もしも交通事故にあったら弁護士でかわす

弁護士は判例時報等で常に勉強している

交通事故を専門とする弁護士は、判例時報も参考にしています。
こちらには新しい情報が掲載されており、裁判所の判断について知ることが可能です。

確かに法理論は学説を含めればたくさんあって、どのような主張もしようと思えばできます。

しかし、裁判所が最終的に判断する以上、判例や裁判例を調べて、その枠内で
有利な主張をすることを考えていかないと、自説を展開しているだけと言われて
裁判で勝つつこともできません。

判例を知る

また、裁判にならないとしても、自説をただ展開しているだけでは相手を説得することは
できませんので、早期に解決することも難しくなるケースがあります。

したがって、交通事故を専門とする弁護士は、判例時報などで常に新しい情報を仕入れていますし、
それが弁護士として実務を行うにあたって必要な能力を身に付けることにつながります。

一度情報を覚えただけでは時代の変化にもついていけなくなるので、
業務をやっている以上日々勉強をしていかなければなりません。

過去の裁判所の判断は重要

交通事故では、後遺障害等級認定も良くトラブルになっています。
保険会社は時に被害者に不利な等級認定をして、損害賠償の金額を抑えようとすることがあります。

これは営利企業であるためある程度は仕方がありませんが、それでも被害者が生活を立て直すためにも
必要な賠償金なので、適切な後遺障害等級認定になるように働きかけなければなりません。相応の金額

そして、これについても裁判になることは多く、裁判所での過去の判断を知っておけば、
それを基に事故に有利な交渉をすることにもつながります。

交通事故に関する裁判所の判断と同じことを主張するなら、保険会社も裁判になれば
負けることを理解し、正しい認定をしてくれるようになる可能性もあります。

仮にそうならなくても、交通事故の賠償のことで裁判を起こして適切な主張立証をしていけば、
正しい結論を導いてもらうことが可能です。

弁護士が依頼者のために力を発揮するためには、過去の裁判所の判断について知った置くことが必要です。