もしも交通事故にあったら弁護士でかわす

弁護士と行政書士

日本において法律関係の相談先としてよく活用されるのは弁護士と行政書士なのですが、
交通事故の相談をするのであれば間違いなく弁護士の方が有利です。

これはどうしてかというと、弁護士には日本において「代理権」が認められている
数少ない存在だからです。

独自の権利

代理権とはある人の権利をその人の代わりに行使する権利のことで、
これには法律トラブルにおいて交渉を行う権利も含まれています。

この権利が無い専門家となるとどれだけ知識があったとしても
交通事故で被害をこうむったわけではないのならば
その交通事故の当事者では無い、当事者では無いのであれば
交渉に参加することも出来ないといった形で扱われることになります。

もちろん直接の交渉には当たらない軽いアドバイス程度であれば
依頼人の権利を代行するわけではないためどちらに行っても構わないのですが、
今後の交渉などを視野にいれて依頼をするのであれば弁護士に依頼をした方が
良いと言えるのです。

ベター