もしも交通事故にあったら弁護士でかわす

交渉には冷静に挑みたいから

 示談をする時に代理人となれるのは、弁護士だけです。
資格をもったいない人が行えば、非弁行為として罰せられます。
そのため、示談屋と呼ばれる人を利用することは避けなければなりません。

交通事故に遭うと、気が動転したり相手に怒りを感じたりして、思考が鈍る方もいます。
そういった時は一度冷静になるべきです。 

もちろん、自分で交通事故の加害者と交渉することも良いのですが、
下手をすると大きく損をしてしまいます。

平静さ


やはり、判例や実務に詳しい弁護士が、具体的な資料を基に
相手に請求したほうが、納得してもらえる可能性が高まります。

何より、当事者間で直接やり取りをすると、
お互いに感情的になってしまい、
まとまる話もまとまらなくなってしまいます。


その点、弁護士ならば、第三者としての側面も有していますし、
相手も法律の専門家の意見は尊重することが考えられます。

開けている

そのため、交通事故に遭って、これから相手と交渉指標としているのであれば、
まずは相談してみましょう。