もしも交通事故にあったら弁護士でかわす

過失割合

赤はとまれ

交通事故を起こすのはごく普通の人の場合がほとんどですが、
事故の処理に関しては普通の人では対処できないことがほとんどです。

理由は、専門的な語句などが出てくるからですが、そのひとつに
過失割合という語句があります。

今は情報に接する機会が多いですので名前だけは聞いたことが
あるでしょうが、具体的な内容まで熟知している人はあまりいません。

しかし、過失割合は交通事故を処理するうえでとても重要な要素です。
交渉の要といっても過言ではありません。なぜなら過失の割合によって
補償額が変わってくるからです。

過失とは責任のことですので、責任の割合ということになります。

例えば賠償額が100万円だったとすると、過失割合が7割の場合と
4割の場合では、70万円と40万円となりますので重要性がわかるはずです。

このように事故処理においてとても重要な要因ですが、専門的なことが多く素人では判断できないことがほとんどです。

相手のペースのままに交渉が進んでしまいますと大きな損失をする可能性もあります。

そうならないてめに弁護士さんに相談することが大切です。
弁護士さんはその道のプロですから適切なアドバイスをしてもらえます。

安心感